翻訳料金・費用の相場について

翻訳会社ナイウェイの翻訳料金・費用とは

NAIwayの翻訳料金と相場について

「翻訳する」ということ

一般的に他の言語に翻訳をするということは、ネイティブまたはその言語が話せて、例えば英語であったら、TOEICやTOEFLなどのスコアが良ければ、翻訳する能力が高いと思われがちです。
しかし現実には、言葉を訳すことは出来ても優秀な翻訳者であるという保証はないのです。つまり、普通の日本人は日本語が話せるし読み書きは出来ます。しかしだからと言って、上手い文章や専門的な分野に特化した文章を書くことは出来ないということは誰にでもわかります。他言語から翻訳する場合、お客様の意向に沿い目的に応じた翻訳が求められます。そして能力や専門性だけでなくセンスも必要となります。つまり、語学能力成績優秀・ネイティブ=優秀な翻訳者とは限らないのです。

NAIway翻訳サービスの翻訳料金について

しかしながら一方、現在では機械翻訳もかなり性能が向上し、無料で瞬時にかなり高品質の翻訳が可能になったことも事実です。そんな中で翻訳会社の存在意義とは一体何なのでしょうか。

翻訳会社の比較

翻訳会社は格安で翻訳を請け負う会社と高品質な翻訳を提供する会社の2つに大きく分けられます。まず両者のメリット・デメリットを比較していきたいと思います。下記の対比表では、格安翻訳会社として一般的相場感から単価も安い複数の会社のHPを参考にまとめました。高品質な翻訳会社の実例としては、弊社の対応及びお客様からの声を載せました。NAIway翻訳サービスは高品質な翻訳を手掛けているため、一般的な相場より多少、翻訳単価は高めです。また、お客様の意見については、弊社をご利用いただいたお客様が、格安翻訳会社を利用した際の比較感をお寄せ頂いた時の声を書かせて頂きました。

  一般的な安価な翻訳会社 高品質を追求する翻訳会社
(NAIway)
メリット
  • 費用コストが安価で押えられる
  • 価格の障壁がなく社内稟議が通り易い
  • 短時間での納品が可能
  • 値段を考えずに安易に依頼できる
  • クライアントの使用目的と意向の重視
  • 営業が直接伺い信頼関係の構築が可能
  • 企業コンプライアンスに則った対応が可能
  • コーディネーターが的確な翻訳者へ導く
  • 経験と実績から様々な要望に対応
  • 翻訳+2重チェックの品質管理
  • 翻訳後のフィードバックの重要性を理解
  • ISO17100規格という明確な判断基準がある
デメリット
  • 翻訳に対する専門性を担保できない
  • 格安=安かろう悪かろうの確率が高い
  • 翻訳後のフィードバックは殆ど行われない
  • 一方通行の対応で終了
  • 企業コンプライアンスに則った対応が出来るか不安
  • 翻訳市場の相場感としては、若干単価が高くコスト面で躊躇してしまうことがある。
  • 値段に見合った成果物が出来るか不安
  • 比較的時間を有する
クライアント様
からのご意見
※NAIway翻訳サービスをご利用なさった方々からのご意見
  • 品質よりも値段重視だったので特に問題はない
  • 各社価格提示された中から一番安い会社を選んだが結果、使い物にならない翻訳で他社にお願いし直したりと、結局費用もかさみ時間がかかってしまった
  • 機械翻訳ではないのか?と思う品質でかえってお金の無駄感が半端ではない
  • 格安翻訳会社に依頼した結果、何度もやり直し料金がかえってかかってしまったので、今回は始めから品質重視の会社に依頼結果、こちらの方が信頼して任せられ、料金も抑えることができ費用対効果は高い
  • 営業の方やコーディネーターの方が丁寧に対応し、的確な方向性と翻訳者の選別をしてくれて安心できた

この表からもわかる様に、翻訳は目的に応じた選択が的確になされているのならば、単価の安い格安翻訳会社であっても問題はないと思います。しかし英語等の比較的理解できる人達が多い言語の場合、依頼者側も把握できますが、逆に理解度の高い言語だからこそ、僅かな言い回しの違いを突っ込まれる危険性も高いのです。

また希少言語の場合、正確に翻訳されているかどうか検証する術もなく、翻訳会社を信じるしかありません。言葉一つで全てが失墜、瓦解してしまうことも、信頼が構築され契約が成立することもあります。決して大袈裟ではなく言葉は慎重に扱うものであるという認識は必要なのではないでしょうか。だからこそ、信頼できる翻訳会社を見つけることはとても大切な事なはずです。その為には、依頼者側も高品質な翻訳とは何か、翻訳提供している会社をどう選別すべきかを知っておく必要があると思います。

NAIwayが目指す品質:国際規格ISO17100の取得(日英・英日)

高品質な翻訳を提供する翻訳会社とは、

1. 優秀な営業担当またはコーディネーターの存在
2. 企業コンプライアンスを重視している会社
3. トライアルを受けさせてくれる
4. 社内での品質管理及び翻訳チェック機能がある
5. 翻訳後の検証期間等フィードバックが出来ている
6. 取引先が豊富で信頼と実績がある
7. 料金に見合った翻訳成果物であること=適正価格である

私たちNAIway翻訳サービスは上記の7項目が揃って初めて高品質な翻訳成果物を提供できると考えています。

しかしながら、一般のお客様はどの様にしてこれらの機能を確認しチェックすることが出来るのでしょうか。各翻訳会社のHPには同じ様なうたい文句が書かれており、各社のコーディネータ-や営業担当も異口同音に、高品質を提供していると言っています。本当にその言葉が真実か否かは、翻訳を依頼し納品された後にしか検証する術がないはずです。またトライアルをお願いしたとしても確実にその後の翻訳に反映されるとは限りません。

そこで、私たちNAIway翻訳サービスはそういったお客様の不安を払拭するために、また私たちの意識向上のために、「翻訳サービスの品質及び引き渡しに直接影響を及ぼす翻訳プロセスのあらゆる側面に対する要求事項を規定した国際規格ISO17100(一般財団法人 日本規格協会審査サービスHPより抜粋)」を取得するに至りました。ISO17100は翻訳会社に対しては規定されたプロセスの遵守と維持、翻訳者に対しても規定の資格と維持、そしてこれらを社内プロジェクトマネージャーが、更新年ごとの審査に備え維持管理していく国際規格なのです。

単純に格安翻訳会社と単価だけで比較をすると、単価 × Word数(文字数)の計算式から打ち出される翻訳料金はかなりの差が生じ、格安翻訳会社に依頼した方が費用も安くお得感があるかもしれません。しかしながら、それだけでは翻訳費用の比較にならないことは、比較表のメリット、デメリットからもわかる通りです。

NAIway翻訳サービスは、ご依頼時にISO17100規格プロセスでの翻訳を希望するか否かをお聞きしております。対応をご希望しない場合でも、規格に準じた対応をしており費用も変わりません。納得した翻訳成果物が納品され、信頼関係の構築もなされ安心してご依頼頂けます。単純に翻訳費用の相場価格で判断できない付加価値があることを、多言語翻訳サービスのNAIwayを是非ご利用し実感して頂きたいと思っております。

翻訳会社のNAIwayの多言語翻訳についてのページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。