カンボジア語翻訳

翻訳会社ナイウェイのカンボジア語翻訳について、カンボジア語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

カンボジア語翻訳について

NAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者がカンボジア語の翻訳やカンボジア語文章の校正を行います。

カンボジア語とは

カンボジアの国語および公用語。カンボジアの人口の約9割を占めるクメール人が使用しており、クメール語とも呼ばれる。インドの文化の影響で、サンスクリットやパーリ語からの借用語が非常に多い。

カンボジア語翻訳とは

<使用地域>カンボジア、タイ、ベトナムなど

カンボジア語の文字

「カンボジア文字(クメール文字)」を使用しています。

カンボジア語の「こんにちは」
カンボジアのクメール文字

カンボジア語翻訳のポイント

カンボジア語は主要民族のクメール族によって話されてきたことからクメール語と呼ばれ、実はカンボジアではクメール語と呼ぶほうが一般的です。
なぜなら、カンボジアでは”kmae(クメール)”を「カンボジア」を表すのに使う事が多く(カンボジア国:srok kmaeカンボジア料理:mhoop kmae)、カンボジア語を表す際にもpheesaa kampuucea(語+カンボジア)ではなくpheesaa kmae(語+クメール)の方が一般的なのです。隣国タイ、ベトナム、ラオスのカンボジアとの国境に近い地域にも母語とする人々がいる他、アメリカ・フランス・オーストラリアでも話されています。 カンボジア語の文法については、大事な2つの規則が存在します。一つは、説明は後ろにつけるということです。例えば、「言語」+「日本」=「日本語」になります。
2つ目としては、付属語は前に付けるということです。「たい」+「遊ぶ」=「遊びたい」となるのです。どちらとも日本語とは逆の順序になるので気をつける必要があります。

カンボジア語翻訳料金

日本語→カンボジア語への翻訳
日本語からカンボジア語への翻訳
お問合せください
カンボジア語→日本語への翻訳
カンボジア語から日本語への翻訳
お問合せください
  • 他の言語も承っておりますのでお気軽にお問合せください。
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

初回割引(最大10%)キャンペーン中です。詳しくはお問合せください。

NAIwayの品質管理システム(QAS:Quality Assurance System)
高品質の翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳した後には品質管理スタッフが一字一句を入念にチェックします。 特に文章の流れや用語の使い方、表現方法などを精査し、高品質の翻訳に仕上げます。
品質管理システム(QAS)について

カンボジア語翻訳者のご紹介

カンボジア語翻訳者
イニシャル:M・V
出身ベトナム
翻訳言語カンボジア語→日本語、日本語→カンボジア語、カンボジア語→英語英語→カンボジア語
得意分野IT・物理
略歴慶應大学卒業後、JICAにてカンボジアに渡り、2年間日本語教育に携わる。日本に帰国後、翻訳学校に4年間通い、その後フリーの翻訳者として活動し今年で7年目。
翻訳者からのコメント翻訳の正確さだけではなく、翻訳後の質問や表現の訂正にも迅速に対応しております。大学では情報工学を学んでおりましたので、IT分野には自身があります。また、他の理系分野も得意としております。
カンボジア語翻訳者
イニシャル:T.K.
出身カンボジア
翻訳言語翻訳言語:カンボジア語→日本語、日本語→カンボジア語、カンボジア語→英語英語→カンボジア語
得意分野電気、電子、ソフトウェア、ハードウェア、IT、環境、機械、経済、法律など
略歴母国カンボジアの大学で日本語を学び、2年間日本に留学後、カンボジアに支店を持つ貿易会社に5年間勤め、貿易業務の他、通訳兼翻訳業務に携わる。 現在はカンボジアの大学教授。
翻訳者からのコメント主に貿易時に必要な書類(インボイス・BL・契約書等)の翻訳をしてきましたが、機械系・自動車分野の知識には自信があります。丁寧で自然な言葉の響きになるような翻訳を常に心がけております。

カンボジア語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayは、ビジネス・法律・医療など専門性の⾼い翻訳を実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。