Webサイト(ホームページ)翻訳

翻訳会社ナイウェイのWebサイト(ホームページ)翻訳について、お取扱い文書・言語・実績など

Webサイト(ホームページ)翻訳について

NAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者がWebサイト・ウェブサイト(ホームページ)の翻訳・校正を行います。

上質の価値を提供するNAIwayのWebサイト翻訳

インターネットが誕生してから、Webページは個人、法人を問わず情報を発信する強力なツールとしてなくてはならないものになりました。
今日では国際化や観光インバウンドの動きが活発化する中で、Webページも英語だけではなく中国語、韓国語、東南アジアなど複数の言語へ翻訳されており、海外進出もしくは国内への訪日顧客誘致の足がかりとして、できれば自社のWebページも多言語化したい、そう思っている方も多いのではないでしょうか

Webサイト・ウェブサイト、ホームページの翻訳

翻訳会社に頼めば費用がかかると、機械翻訳サービスを使う企業も多いことでしょう。しかし、NAIwayは「意味が伝わればいい」という概念は本質から外れていると考えます。日本語国内向けのWebページには、完全に一個人で作成された場合を除いては、複数人数が時間と労力を割いて作成します。会社の紹介として、より魅力的なページになるようメッセージを考え、デザインの選定を行い、ページの訪問数を上げるためにSEO対策も行っているかもしれません。そうして作成されたWebページを稚拙な文言に多言語変換してしまうと、海外の方から見た際のそのページに対する印象や評価は非常に低いものとなってしまい、本来期待としていたものとは逆効果になることもあります。

NAIway翻訳サービスではお客様が手塩にかけたWebページを多言語化した場合でも魅力を損なわないよう、プロの翻訳者が複数名で一文言ずつ思案をしながら翻訳を行います。直訳ではメッセージ性が損なわれる場合は、原文を崩さないようより効果的な文言に翻訳することもございます。その場合でもお客様にはわかりやすく、どのように翻訳したかをご報告いたします。もちろん納品後のアフターフォローも万全ですので、変更したい表現があればご相談ください。
NAIway翻訳サービスは、上質の価値を求めるお客様に全力でお応えする翻訳会社です。

よく見られる機械翻訳の問題

Webページを多言語化したいけど予算を大きく割ける余裕はない、そういったニーズが多いためか、翻訳業界でもWebページを自動的に機械翻訳するサービスが急増しています。
行政のWebページでも機械翻訳を使用していることを明記している場合もあり、コストがとにかく抑えられるので上記で挙げられているような問題に対して、効果的なソリューションになっているようにも思えます。
しかし、プロの目から見ればこうして機械翻訳によって生成された訳語は例外なくすべてが不適切なものであると断言ができます。 機械翻訳の精度はここ10年ほどで確かに向上していることは確かですが、部分的に見れば不自然な表現が含まれており、文章の構造から見て意味の通じないものもほとんどです。文章内に固有名詞が含まれている場合はほぼ誤訳となります。また言語によっても精度にばらつきがあることも課題の一つと言えるでしょう。

安易に機械翻訳に頼っていては、正確に情報が伝わらないばかりではなく、企業や商品のイメージを落としてしまう結果につながりかねません。NAIwayは、メッセージやイメージを正確に、自然な言葉で伝えることはけっしておろそかにできないことだと考えています。

取り扱い文書

  • コーポレートサイト、キャンペーンサイトなどの各種Webサイト
  • 各国版Webサイト
  • 各種Webページ など

取り扱い文書

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • フランス語
  • ドイツ語 など

上記以外も30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。

実績例(抜粋)

  • 資料館のWebサイト(ホームページ)
  • スポーツチームのWebサイト(ホームページ)
  • 老人ホームのWebサイト(ホームページ)
  • 大学のWebサイト(ホームページ)
  • IT系企業のWebサイト(ホームページ) など

Webサイト・ウェブサイト(ホームページ)翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。