メニュー翻訳

翻訳会社ナイウェイのメニュー翻訳について、お取扱い文書・言語・実績など

メニュー翻訳について

NAIwayでは、様々な専門分野を持つネイティブの翻訳者が、飲食店のメニューや商業施設の掲示物などの翻訳や校正を行います。

NAIwayのメニュー翻訳

近年、日本を訪れる外国人観光客は増加傾向にあります。観光客なら必ず訪れる飲食店。そこに自国語のメニューがあったら、オーダーしやすく好印象ですね。
NAIwayでは、全国チェーン店から個人のレストランまで数多くのメニュー翻訳を扱ってまいりました。 日本語の独特な料理名も写真などを参考にしながら、できる限りその料理を表現するよう心がけています。
英語はもちろん、中国語簡体字や韓国語へのメニュー翻訳依頼も多くいただいております。 その他、お店の紹介文や料理の解説の翻訳も承ります。

料理のメニュー、料理の説明、店内掲示物、店舗案内などの翻訳

メニュー無料翻訳サービスの活用

2020年の東京オリンピック開催が決定したことにより、多くの外国人観光客の来日が予測されています。日本政府からは、東京オリンピックまでに外国人観光客を倍増させるための観光戦略を進めるとの発表がありました。もちろん世界遺産に登録された建造物などを見る観光客が多いですが、その中でも注目されているのは『食べ物』ではないでしょうか。
各自治体も今、一番に力を入れているのが、まさしく飲食店のメニューです。例えば東京都は、都内の飲食店に限り、無料で翻訳をするサービスを既に開始しています。膨大なデータベースの中から検索をかけ、対応する訳文を12ヵ国語の中から選べるこのサービスはとても画期的です。尚且つ費用も手間もかからないのでとても経済的ですし、利用されることをオススメします。

「東京都 多言語メニュー作成支援ウェブサイト」http://www.menu-tokyo.jp/menu/

無料ツールでは伝わらないことはNAIwayの翻訳へ

しかしながら、全てのメニューの翻訳がこのサービスで受けられるとは限りません。例えば個人が経営する独自の創作料理などは対応が出来ませんし、混ざっている・乗っている・包んであるなどの細かいニュアンスを表現することも難しいのが現状です。

「チキンドリア」を例に挙げてみましょう。
上記のメニュー無料翻訳サービスですと「Chicken-rice Casserole」と訳出されておりますが、弊社が翻訳する場合は「Chicken doria (baked gratin using rice)」となります。また訳出のみの納品ではなく、どのようなニュアンスで訳出したというコメントを残す場合もございます。コメントは、例えば「ドリアは和製料理なので、簡単にお米を使ったグラタンと説明を入れています。また、ホワイトソースでなくケチャップ味もありますが、貴店ではどちらなのでしょう?」のような内容です。翻訳者がこの翻訳に至った理由が分かるようなコメントやより正確な翻訳に近づけるための質問などを添付して納品いたします。

このように、きめ細やかなニュアンスを汲み取り、よりお客様のご希望に沿うことができるのがNAIwayの翻訳の強みです。実際にご依頼いただく際には、より正確に訳出ができるよう、お料理の写真を提供くださるようお願いをさせていただいています。無い場合は、その都度コーディネーターがお客様にヒアリングをしております。日本に在住している、食の知識も十分にある優秀な翻訳者にて対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

取り扱い文書

  • メニューリスト(ホテル内レストラン、居酒屋、カフェ、日本料理、中華料理、韓国料理など各国料理)
  • 店内掲示物
  • お店の紹介文
  • 料理の解説
  • メニューデンモク など

取り扱い文書

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • フランス語
  • ドイツ語 など

上記以外も30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。

実績例(抜粋)

  • 居酒屋の季節メニュー
  • 会席料理メニュー
  • ホテル内レストランのメニュー
  • カフェのメニュー
  • 遊覧船内カフェのメニュー
  • 韓国料理レストランのメニュー
  • 横浜中華街中華料理店メニュー
  • ブラジル料理レストランのメニュー など

メニュー翻訳のページです。有名チェーン店から個人レストランまでメニュー翻訳の実績が多数ございます。お店の紹介文や料理解説の翻訳も承ります。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。